読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業家ニートライター

社会不適合者な人でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→起業(ライター)立命館大学で文章力講座を担当。 2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

「引きこもり」を再定義する

引きこもり。もうこの単語も普通に意味が通じるようになって来ましたね。でもそれぞれが抱いている引きこもりのイメージには違いがあると思います。引きこもり、という言葉がなにかを表現する際により使いやすいよう、引きこもりについて最近考えたことを書いていきます。


「空間的引きこもり」と「人間的引きこもり」
引きこもりには「空間的引きこもり」と「人間的引きこもり」がいると思います。

僕は人間的引きこもりです。「人に会えるゲージ」みたいなやつが僕にはついていて、例え仲の良い友達でも一緒にいる間は減っていく。ゲージが少なくなると、気を使うのが難しくなって人への対応が雑になる。自分の家に遊びに来てくれている友達にも「早く帰れ」って思います。別にコミュ障ではないけれど、でも他人と一緒にいる時間が長すぎるとテンションが下がる。それが人間的引きこもり。

 

空間的引きこもりは、自分の部屋から出なくても息苦しくならない、お外に出るのが苦痛なタイプ。僕は空間的引きこもりではないので、すみませんが説明はざっくりで。

一般に使われている「引きこもり」は空間的引きこもりと人間的引きこもりを一緒くたにして使われている気がします。あと引きこもり=ニート、みたいな印象も受けます。

僕は人間的引きこもりですが、空間的引きこもりではないです。なので人に会いたくないために家にいる時でも、だいたい夜には空間的にツラくなって買い物や散歩に出かけます。

 

最近ウチに住みついている友達がいて、彼は空間的引きこもりなので基本ずっと家に居ますが、人間的引きこもりではないのでめっちゃしゃべります。家に居ながら電話で友達と話したり、LINEやFacebookTwitterでひたすら人に絡んでいます。

 

 

僕は大学卒業後、4月から8月末まで5ヶ月間会社にいたのですが、精神的にずっとツラくて、休みの日は誰とも会わずどこにも行かず、ずっと家に引きこもっていました。

この現象を「会社で働くことが向いてない」と説明していたのですが、もしかしたら人に会いすぎて疲れていただけかもしれないですね。基本的に会社にいる間は誰かしらと一緒にいるじゃないですか。なのでどんどんゲージが減っていく。僕のゲージは、週5日の勤務に対して休みが2日では回復が間に合わない。だから僕はずっと調子が悪かった。仕事終わりに会社の人と飲みに行くのも、一緒にランチをしに行くのも嫌でしたから。でも別に会社の人が嫌いだった訳ではなくて、単純にひとりの時間が欲しかっただけ。人に会えるゲージを回復させる時間が欲しかっただけだったのではないかと今は思っています。

 

人間的引きこもりの新社会人へ
まだ研修の段階だから仕事はラクなはずなのに、土日全く家から出れない。という新社会人は単純に人疲れかもしれません。人に会えるゲージが普通の人よりちょっと少ないだけ。でもそんな人は働き方を考える必要があると思います。


僕はライター、文章を書くのが仕事なので、仕事時間の半分以上はひとりで過ごしています。これなら人間的引きこもりの僕でも大丈夫。仕事の受注はリアルでしか受けないので営業や打ち合わせもありますが、多くても1日に1件3時間ぐらい。これぐらいなら無理がない。


あと最近、電車や車で人と一緒に移動している際に「一旦失礼します」と断って、イヤホンで音楽を聴くというゲージ回復方法を実践しています。だいたい5曲も聴けば回復して人と話したくなるので、イヤホンを外して「ただいま」と言います。めっちゃ効果あるのでオススメです。特に友達との旅行中とか。「早く家に帰りたい」とか思わず旅行を楽しめると思います。

 


せっかく社会人になって自由に使えるお金が増えたのだから、あちこち遊びに行きたいですよね。人間的引きこもりという自覚を持って、活動的なリア充社会人とは違った日々をゆるやかに過ごしていきましょう。

 

【簡単】最強パスタレシピ【美味い】

僕の趣味は料理です。

美味しいものを食べることへの執念から、料理の腕を磨いて来ました。

大学から一人暮らしをして自炊を始めたのでもう7年以上。ごぼうを買って来てささがきにして、きのこと一緒に炊き込みご飯つくったりしてます。

 

そんな僕が今回ご紹介したいのはこちら!

f:id:ckakeudon:20170409143900p:plain

キューピーの

『パスタを手作りオイルソースしょうゆ&ペパー』

 

マジうまいので多くの人に食べて欲しい。

ではではこちらを使ったレシピを紹介します。

 

 

レシピ

1、パスタを茹でます。

f:id:ckakeudon:20170409142727j:plain

2、ソースをかけます。

f:id:ckakeudon:20170409142746j:plain

3、よく混ぜます

f:id:ckakeudon:20170409142809j:plain

4、出来上がり!

f:id:ckakeudon:20170409142832j:plain

これだけで最高にうまい!

味は醤油がベースなのですが、色んなエキスが入っていて、複雑かつまろやかな完成された味になってます。

ひと瓶200円前後と気軽に使えるお値段!ひと瓶で大盛りパスタ(乾麺で200g)5回分は使えます。スーパーのパスタコーナーに売っていますよ。

 

パスタ以外の使い方
調味料としてなんにでも使えます。

醤油味なのでチャーハンなどの米料理はもちろん合います。たまごかけごはんにちょっと垂らすのがオススメ。

あとはポテトサラダの隠し味に入れても。ぼやけたマヨネーズ味のポテトサラダが、一気にキリッと締まった味に。

豚肉や鶏肉を焼く時の味付けにも。これだけで味が決まります。

 

 

しょうゆ&ペパーの他に、

ガーリック&赤とうがらし 

シーフードうま塩もあります!

 

パスタ好きの人はぜひお試しください。

 

 しょうゆ&ペパー

 

 ガーリック&赤とうがらしは、冷製パスタの味決めにバッチリ。これとトマトでめちゃうまい。

 

シーフードうま塩は、スーパーで取り扱っている店を見たことがないので、気になる方はネット注文で。

  

 

 

自己紹介記事はこちらです!

karasimentai.hatenadiary.jp

 

 

 

 

最近思うこと【2017年4月 京都にて】

最近思うことをぴろぴろ羅列してゆきます。

ちょっと前から自分が生まれた意味、生きる目的を言葉で表したい思い始めまして。仕事の自己紹介で「僕はこのためにこんな仕事をしています!」ってパシッと言えるようになりたくて。そこで見つけたのが『オンリーオーダー』という概念だったりして。これについてはもうちょっとほじっていきたい。

karasimentai.hatenadiary.jp

 

黒歴史を発見

自分の心の海にダイブするような生活をしていたら、とんでもないものを発見してしまいました。黒歴史というやつです。僕の中でなかったことになっている期間。なぜなら人生で最も自分が弱かった時間だから。明確にいつの自分かは分かっているんですよ。小学校四年から五年までの1年間。あばばばば。ほら、どんな1年だったか言語化することを心が拒否しています。自分の弱さに向き合うとはこういうことか。弱さを受け入れて今の自分があると思っていたけど、まだまだ甘かったようでござんす。拒否反応がひどいので、とりあえずこれは保留。

 


15歳の自分との対話

karasimentai.hatenadiary.jp

これも対話事項がたまって来ました。

対話してどうなるか?僕の信念や価値観のアップデートが起きます。

 例えば、15歳の僕の信念は「誰も頼りにならない。だから自分だけを信じて生きる」でした。これでこの10年過ごして来たんですけど、さすがに思想が古いので、今の自分の状況に当てはまらなくなって来ました。

15歳の時は周りにクソ野郎(ごめんなさい)しかいなかったので、誰の話も聞く必要はなかった訳です。しかし、この頃自分の周りにいる人を見渡してみると、いつの間にか尊敬できる人しかいないのです。マジで。っていうことは意地張って孤独気取ってないで、素直に周りの人から学んでいけばいいのです。

 つうわけで「自分だけを信じて生きる」この信念いらなーい。ポーイ。みたいな。

これもけっこうストレスを感じますが、あばばば、と人格が崩壊するレベルではなく、ちゃんと人間のままで向き合えるので、ひとつひとつアップデートしていきましょう。

 

小説を書き始めました

小説を書き始めました。元々原案は頭の中にあったので、それをちゃんと文章化していこうかと。今の自分の中身で書けなくなるまで書ききりたいですね。喫茶店で書いてて自分で感動しちゃって泣く、ぐらい楽しく書いてます。期待。

 

文章の話題になったのでブログの話を。創作あるあるですが、自分が気合を入れて書いたものよりも、ぺろーっと軽く書いたものの方がウケたりしますよね。

ということで僕が「しょーもな!」と思って書かなかったような記事に、これから挑戦していこうと思っています。

 

仕事のやり方について

仕事のやり方について、ひとつスッキリしたことがあります。

僕は今まで、基本的にひとりで仕事をして来ました。そしてそれに美学を感じていました。でもこれも僕の古い信念で、そろそろ捨てようかなと思っています。

僕は「俺の考えたビジネスプランをみんなで実現しようぜ!」ではなく「このメンバーでやるとしたらどんなビジネスがいいかな?」というやり方が出来る人なんです。人の価値を引き出して、大きな1つの価値にまとめることが出来る。

「俺の考えたビジネスプランをみんなで実現しようぜ!」を図にするとこう。

f:id:ckakeudon:20170411114458j:plain

僕はこう!

f:id:ckakeudon:20170411114557j:plain

そういえば昔「あなたは鵜匠だね」と言われたのを思い出しました。

 

仲間と一緒にやることそのものが僕の夢なんです。だから何をやりたいかは一旦置いといていい。そこは自由になれる。

 

最初の起業を失敗した僕からのメッセージを思い出しました。

『1歩目から理想を体現できると思うな』

 

仲間と一緒にやる。ひとりでやろうとしない。最初から理想を体現できると思うな。自分で「浅いわ〜これ」と思うようなものでもいいから、とにかく一発当てる。

こないだ京都から淡路島に遊びに行って、このような意識をもらって帰って来ました。ありがとう淡路島(で僕に向き合ってくれたお方)

 

 

こんなところですかね、最近のモヤモヤしていたことは。今はだいぶサラッとして来たので書くことが出来ました。

 

 

追伸

京都では桜が見頃を迎えました。

f:id:ckakeudon:20170411120605j:plain

【淡路島一棟貸しのゲストハウス】のびのび日和

淡路島にあるゲストハウス『のびのび日和』に泊まって来ました!

f:id:ckakeudon:20170406235034j:plain

 

のびのび日和から見える景色はこんな感じ。

f:id:ckakeudon:20170406235052j:plain

ほえ〜。みどりだ〜。

 

f:id:ckakeudon:20170406235109j:plain

オープンしたばかりとあって、中はとってもきれい。古民家を買い取って改装したそうです。

f:id:ckakeudon:20170407195731j:plain

漂う、田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家感。

ほっとして、のびのび。

 

 

この日は地元の人が集まって、淡路島のおすすめスポットマップをつくりました。

f:id:ckakeudon:20170406235139j:plain

 

美味しいお店や遊び場を淡路島の地図に書き込んでいきます。

f:id:ckakeudon:20170406235156j:plain

 

 

切りのいいところで中断して宴会へ。

f:id:ckakeudon:20170407121127j:plain

  わいわい

f:id:ckakeudon:20170407121208j:plain

 

近所からご家族でいらしてる方もいました。

小さい子がいると、本当に親戚の集まりみたいになって楽しい。

 

 

マップづくり再開。

f:id:ckakeudon:20170406235213j:plain

 

「いい流木が拾える場所を書くのはどう?」

f:id:ckakeudon:20170406235235j:plain

 
 
流木(笑)
 
いや、嫌いじゃない。むしろ好き。流木拾いに行きたい。
拾ったものの結局持て余して、帰りにその辺に捨てて行くまでが流木拾い。
 
 
 
「若者は淡路でなにして遊ぶの?」「ドライブです!」
f:id:ckakeudon:20170406235253j:plain

 

ドライブの目的地にちょうどいい絶景スポットもたくさん書き込みました。

f:id:ckakeudon:20170406235225j:plain

 

 

観光客だけじゃなくて、地元の人がこうやって来てくれるゲストハウスって珍しいんじゃないかな。のびのび日和の魅力になりそうですね。

 

 

1泊2日でしたが、淡路島へまた来たいと思える時間を過ごせました。

のびのび日和の皆さん、地元の皆さん、ありがとうございました!

 



のびのび日和Facebookページ。いいね!しておくとイベント情報などが受け取れます。

https://www.facebook.com/amanadaawaji/?ref=ts&fref=ts

 

 

宿泊のご予約はこちらから。

www.nobinobibiyori.com

 


いや〜3日ぐらい借りて仕事仲間と合宿したいっすね。

あと僕の誕生日にシェアキッチン借りてパーティーしようと思ってるんですけど、のびのび日和でやらしてもらおうかな。キッチン3口コンロで使いやすそうだったし、泊まれるから朝まで語れるし。わざわざ淡路島まで来てくれるのは3人ぐらいだろうから運営もラクだし(笑)

 

↓ 誕生日パーティーの話はこちら↓

karasimentai.hatenadiary.jp

 

アーティスト意識と仕事意識

「お金がもらえるから」という理由だけではなく「自分がやりたいから」という理由で仕事をしている人には分かると思うのですが、自分でつくり出す仕事にはアーティストとしての側面と、ビジネス、仕事としての側面が混在していると思います。


アーティスト意識と仕事意識
アーティスト意識とは、

「誰も評価してくれなくても、自分がおもしろい!と思うものが良い作品」
というものだと思っていて、

仕事意識は、
「お客さんが評価してくれたものが良い作品」という考え方。

モノの最終的な価値を決める評価者が自分であるか人であるかの違いです。

 

アートがやりたいのか?仕事がしたいのか?
アートと仕事、どちらも必要な意識です。決めておくべきなのは自分がアートとしてやりたいのか、それとも仕事としてやりたいのかです。


例えば僕ならこのブログ。これを書いているのはアートなのか、人に「いいね!」と思ってもらいたいのか。



そもそも僕が文章を書き始めたのは自分の思考の整理のためでした。それを最初の起業をきっかけにブログで書くことにしたのです。なのでブログにしたばかりの頃は人に「自分のために書いてます」と言っていました。


しかし最近は、リアクションが気になってしょうがないですね。Facebookでいいね!が少なかったりコメントがもらえなかったりすると(´・ω・`)ってなります。
これはライターになったから変わった意識ではなくて、1度目の起業が失敗してニートになってフリーターになり、そこから「もう1回なんかやろう」と火が付いて、今までの自分の仕事への姿勢を反省した時に変わった部分です。


最初に起業した頃は、アーティスト意識が強かったんですよね。アーティスト意識9割の仕事意識は1割ぐらい。客なんてどうでもいいと思ってました。人のために自分を殺すなんて最悪で、大事なのは自分がその仕事を心からやりたいと思っているかどうか。そういう仕事でなければ起業した意味がない。しかし、そんなグラデーションの意識でやっていたらほとんど売れませんでしたので廃業になった訳です。


そこを振り返って、やはり強すぎるアーティスト意識がよくなかった。そもそも仕事はお客さんがいるから成立するものであるという意識、仕事意識を強く持つべきだったと反省しました。それで次に始める仕事は「顧客第一」の意識でやろうと決めたのです。


昔は顧客第一、お客さんのために仕事をするのだ!と言われると自己犠牲を求められている気がして嫌でした。だから僕は自分のために仕事をするのだと言っていました。でもお客さんのために仕事をするということは自己犠牲ではないことが分かったのです。


会社を辞めてまでやりたい仕事には想いがあると思います。
「目の前に苦しんでいる人がいる。でもこの人を助けるサービスは世の中にない。ならば自分がつくろう」的な想いが。


この場合、お客さんというのは「自分が笑顔にしたい人」です。気持ちの土台には自分のエゴがある。そういうお客さんのために仕事をすることは決して自己犠牲ではなくて、むしろ自分の想いを大事にすることである。顧客第一でも「自分のため」と「人のため」が共存できると気づいたのです。

 

まとめ

アーティストの意識と仕事としての意識、どちらも必要なのは間違いない。


考えるべきは自分のやっていることに関してどちらの方向でやっていきたいと思うのか?現在どういう意識のグラデーションでやっているのか?


そしてバランス。顧客に合わせられるところと絶対に譲れないアーティストな部分。それを明確にすること。なぜならそれがサービスの個性、理念になるから。


自分がやりたいだけの想いは理念や志とは言えなくて、自分の想いとお客さんである人への想い、社会に対してどういう貢献をするか。色んな角度から見てビシッと矛盾なく筋が通るのが本当の理念なんだろうなぁと思います。そういうことで僕も引き続き追求して参ります。