起業家ニートライター

社会不適合者な人でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→起業(ライター)立命館大学で文章力講座を担当。 2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

非喫煙者の社交場 じゃがりこ室

僕はタバコを吸いません。これ以上多く税金を納めるつもりはないのですが、喫煙所、というコミュニティに対するうらやましさみたいなのはあります。






「さっき喫煙所で部長と話したんだけどさー」






えー、なにそれいいなー。


って思ったことが会社に居た頃たくさんありました。





喫煙者はお金を払い、自分の命を削って、上司との貴重なコミュニケーションの機会を得る訳です。意識高い






あとやつら、普通に勤務時間中に一服しに行くよね?あれはズルい。1日で20分は労働時間に差が出るぞ。僕だって休みたい。


でもこれ以上税金を上納したくない。















ということで!

じゃがりこというのはどうだろう?
タバコの代わりにじゃがりこをポリポリやるわけ。








「すいません、1本もらっていいですか?」







どうぞどうぞ。サラダ味でよければ。







「いただきます。ジャガリコジャガリコ」







営業部の方は最近調子がいいらしいですね。ジャガリコ






「そうですねー。ジャガリコ
新しく竹内さんが部長になったんですが、人を乗せるのが上手いんですよあの人」






ジャガリコ。へえー、そうなんですねー。ジャガリコ









みたいな。







これで僕ら非喫煙者も楽しいコミュニケーションが出来るってわけさ。











これが広まったら、じゃがりこの食べ過ぎで健康問題とか出そうだな。そしてじゃがりこ税が誕生すると。




ぜひカルビーさんには抗議活動をがんばってもらいたいものです。