起業家ニートライター

起業と引きこもりニートを経験したコピーライターです。社会不適合者でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→コピーライター。2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

「ワークライフバランス」って考えたやつバカじゃね?

ワークライフバランス

 

ってさあ、言葉としておかしいと思うんだよね。

 

 

 

だってワーク=仕事でしょ。ライフ=人生でしょ。

 

 

仕事は人生の中にあるものじゃないですか。

 

 

 

図にするとこう

f:id:ckakeudon:20161118120328j:plain

 

 

 

 

 

 

これでワークとライフのバランスをとろうとしたら

 

f:id:ckakeudon:20161118120640j:plain

 

こうなる。おかしくね?

バランスとれないでしょこれじゃあ

 

 

 
 
バランス、という単語を使うなら「ワーク〝プライベート〟バランス」これなら分かる。
 
 
仕事ばっかりじゃなくて、ちゃんとプライベート、余暇を楽しみましょう。っていう

 

 

 

 

 

ワークとライフのバランスをとろうと思ったら、仕事を人生から切り離さないといけなくなる。

 

 

仕事が自分の人生とは別のもの。なんて意識がとんでもねえ低い社会人だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

僕の理想の働き方は、

 

ワークライフカオス

 

仕事と人生が混然一体。仕事とプライベートがごっちゃごっちゃ。
 

 

 

仕事をしているんだか遊んでいるんだか分からないようなそんな働き方。そんな人生。

 

 

 

 

自分のミッションを持って仕事をしている人ってそうだと思う。

 

 

人生で「これを成し遂げたい!」ってものがあって、そのために自分が好きなこと得意なことで、応援したい幸せになってもらいたい人のためにがんばる。そして感謝される。

 

 

そういうふうに仕事をしていたら、「労働」っていう苦役に近い仕事って意味じゃなくて、自分が好きな楽しいことをやる「遊び」みたいに仕事がなる。

 

 

 

 

仕事してるんだか遊んでいるんだか分からない働き方。

 

そんな働き方をしたいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし今フリーターなんで、まさにワークライフバランスを実現してる。

 

仕事とはツラい労働で、小銭を稼ぐためだけのこと。仕事と人生はまったく関係ない。ワークライフバランス

 

 

 

 

 

 

 

追記

ワークライフバランスを最初に言い出した人も分かってるんだろうけどね。本質はワークライフカオスだが、そんな働き方は創業しないと出来ないので、普通の人向けに分かりやすくワークライフバランス

 

ワークライフバランスだと意識低すぎるけど、「意識低くていいから死なないで」って言うぐらい過労死が多い頃に提唱されたのかも。

 

でもこれだけワークライフバランスって言葉が広まった中で、あんまり意味分かってない人が企業の中で推進しようとするとズレたことになるだろうね。