起業家ニートライター

元ニート、引きこもり。社会不適合者でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→起業(ライター)立命館大学で文章力講座を担当。 2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

普通になりたい 

久しぶりに目的地を決めずだらだらと書いてみます。最近はきれいにまとめる練習をしてたけど、あちこちに話が飛ぶのもいいじゃない。

 

さて、とりあえず年末の1週間だけでていた鮮魚店でのバイトが終わりまして。ほんと疲れた!いま書きながらふと嗅いだ手が魚くさいし。年末の鮮魚店ってめちゃくちゃ忙しいのね。年末年始のごちそうを買いに来る人が多いから。30日は午前4時に出勤して、午後5時で退勤。これだけでもやばいのに31日は午前0時出勤の午後4時終了。つまり30日の午後5時過ぎに帰ってきてご飯食べてお風呂入ってちょっと寝たらまた出動。そして休憩なしの16時間労働、って16時間!?働いといて信じられねえぜ。主な仕事は冷凍マグロの解凍。立ちっぱなしなので足が痛くてのう。ほんまに大変じゃった。

 

このはなしと関連するんだけど、最近「普通になりたい」という願望がありましてな。どちらかと言うと「普通なんてつまらねえぜ」的な雰囲気が出てる方だと思うんですけど、てか出していたんですけど。でもこの頃は普通になりたくて。そして普通の人に近付いていっている自分がおもしろくて。

ちょっとお金欲しいから年末にバイトしよ、ってめっちゃ普通。仕事が出来ない分、元気よくあいさつや返事をするとか。フリーター時代のバイト先でもそうだったけど「はい!」って元気よく返事をして、進んで雑用をするおれをみんなに見てほしい。めっちゃかわいい若者。昔はバイトなんて生活費がなくても出来なかったのにね。それがいまこうして元気よく単純作業が出来ることへの喜び。終わったあと「疲れたー!」って気持ちよく言える労働の素晴らしさ。

 

これも最近思ったんだけどね。おれ、頭がおかしい。前は周りがおかしくて自分が正しいと信じていて、まあ正しさに関してはまだ自信は揺らいでないけど、頭がおかしいのは確実におれの方。これは受け入れました。その辺のなんでもない人と話すとまあ話が通じないけど、これに関してはもうこっちが悪いよ。分かってくれない相手が悪いんじゃなくて、世間的に頭のおかしい事を言っているおれに責任がある。親との関係とか分かりやすくて、両親、特に父親が普通の人だから、いままでにやってきたこととかやりたいこととか、たぶんほぼ理解していない。自分を否定されることへの不満はもちろんあるけど、なんかいまは「こんな風になっちゃってすいませんね」的な気持ちがある。

 

 

ほんと普通になりたい。「誰にも理解されなくていい」とオラついたまま非凡の道を進むのではなく、多くの人に分かってもらえる凡人になりたい。だいたい心にトゲのある人は「出すぎた杭は打たれない!」というトゲを育てる方向に向かうけど、僕はもうトゲを紙やすりでぞりぞり削っていきたい。最終的には尖りきったツンツンな人物よりも、まあるいトゲトゲのこんぺいとうになりたい。ごめん、この例えはウソかもしれない。鋭いトゲトゲで色んな人をぶっ刺したいかも。でもそういうわけで、相変わらずどこかずれた生き方をしているのだけれど、もっかい方向をずらして多くの人と交わる人生にしたいと思っている。

こんなことを言うと「丸くなるな」と心配されるけどご無用です。これぐらいで簡単に丸くなれるほどの尖り具合なら、しっかり生きようと決めた15歳から10年間もこんなめんどくさい生き方なんてしていない。

 

 

普通になりたい。『君の名は。』とか観に行きたい。

「めっちゃ話題になってるし、おもしろいらしいよ?」

→世間で流行っていて、かつみんながおもしろいって言ってるならむしろおれは観に行かない。

この病気はほんといつになったら治るんですかね…。