起業家ニートライター

元ニート&引きこもり。社会不適合者でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→起業(ライター)立命館大学で文章力講座を担当。 2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

1文字1円以下で買い叩かれるライターにならないように

ライターの仕事は下の下
最近仕事してて思ったんだけども、ライターの「書く」って仕事はその企画全体のうちの最後の1%じゃないすか?事業コンセプト、メインターゲット、どう訴求していくか?どういう価値を届けたいのか?99%固まってやっと「じゃあこういう文章を書きましょう」となる。ってかそこまで決まってないと書けない。

「この文章はどういう人が見るんですか?」
「見た人にどういう行動を起こして欲しいんですか?」

という情報も必要だし、

「そもそもこの事業はアリなんですか?僕は消費者として欲しいとは思えないんですけど」

と、自分の中で「これはいいですね!」と納得できないと書けない。自分の心に響いていないものを、他人の心に響かせることなんてできないから。


で、世の仕事に「99%決まっていてあとは言われた通りに書くだけ」なんてものはごくわずか。逆に、決まってる仕事はだから安い。

お家デートに関する記事。

ターゲット都内在住の20代〜30代女性。

600文字程度。

〜〜

こういう仕事だと1文字いくらで買い叩かれる。

クラウドソーシングのライターの案件に「記事執筆1000文字500円」とかざらにあって(ライター舐めんてんじゃねえぞボケが)と思っていたけれど、この観点で考えるとまあしょうがない。仕事で大変なのは99%を決めるまでであって、そこまで固まってれば書くのは簡単。だから安い。よってライターの仕事は下の下。

 

最終的には事業全体を見られるライターに
ということで、そら書くだけだったら仕事としての価値は小さいので、お金も小銭しか頂戴できん訳です。

世に「99%決まっててあとは書くだけ」なんて仕事は少ない。PRに関わるライターはどんな事業でも必要だから、事業の統括者は初期からライターを探している。なのでだいたい事業の初期段階から加わることになるでしょう。そこで「僕ライターなんで。書くのが仕事なんで」ってぼーっとしてたらあかん。99%を決める事業デザインにも参加しないといけない。

「多くの競合商品の中から、この商品をお客さんが買ってくれる決め手はなんでしょうか?」

とか、キャッチコピーを考えるのに必要な要素をこちらからヒアリングしていって、 もしバシッと決まっていなければ一緒に考えていく。というわけでライターって(恐らくほとんどの職種が)最終的には事業全体が分かっていないといけない。

10%しか固まっていないプロジェクトを一緒に100%までつくっていく。そういう能力が必要だし、僕はそういう仕事がしたい。そっちの方がおもしろいから。

 

筋を通すのが仕事
この話をこないだ出会った編集プロダクションの方にしました。「ライターって書くことよりも書くまでの仕事が重要ですよね」って。

「筋を通すのが仕事だ」とその方はおっしゃっていました。

社会から見た時に「お前それお金が欲しいだけじゃん」と思われないように、「この事業は社長、あなたが本当にやるべきことなんですか?」と問い詰める。誰が見ても素晴らしいと言われる事業をつくるまでが仕事で、それができて初めて企画考えたりする。とのこと。僕の中で最近キテるので共有です。筋を通すのが仕事だ。

 

好きな人と仕事をする
以上を踏まえて、

自分が好きな人と仕事をするのが1番だな!

と思うわけです。てゆうか最低条件。

事業デザインに参加するってことは、こちらからグイッといかなきゃいけないわけですよ。その踏み込んだ提案をする原動力になるのが結局、

「この人のために仕事をしたい」

「この素晴らしい商品を世に届けたい」

という気持ちだと思うんです。お客さんが好きかどうか?関わる事業や商品を、本当に人のためになるものだと感じられるか。

ここがないとわざわざ提案しようという気が起きないじゃないですか。依頼されたことだけやっていればいいや、と。だってもらえるお金以上に仕事をしたら自分が損だから。自然で論理的な行動。この損得を超えるのが、僕の場合、好きとか共感とかなのです。

「この人と一緒にいい仕事をしたい」

という情熱なんですよ。

なので若輩者ですが、自分が好きになれない人、共感できない仕事はやらん方がいいなと強く思います。悪事の片棒を担いで、世の中に不幸を撒き散らすのはよくない。どうせ撒き散らすのなら、幸せの方がいいっすよね。

【2017年最新】香川で絶対食べたいうどん3選

10歳の時、群馬の水沢うどんを食べて「これは…!」とその美味しさに衝撃を受けてから、僕のうどん求道者としての人生が始まりました。大学時代には、2年の春、3年の夏、4年の夏と東京からうどんを食べるために1人で香川に行くほどのうどん好きです。

そして2017年9月、久しぶりに香川うどんの旅をして来ましたので、2017年版、香川で絶対に行きたい3店を紹介します。

 

1、一福(いっぷく)

f:id:ckakeudon:20170922084719j:plain

一福。最初に食べた時に感動して以来、うどん旅の際は毎回食べに行く店です。

f:id:ckakeudon:20170922081124j:plain

麺は細めなのですが、どこの店にも負けないほどのコシがあります。ダシはいりこベースの香川で珍しくカツオも効いています。

一緒に鶏天も頼んだのですが、ジューシーな鶏天をカブッとやって口が油っぽくなったのを冷たいダシでサッとクリアにし、そしてうどんを口いっぱいにすすり込み、モチッモチッとやる。この流れがハマりすぎて最高でした。色んな店を巡りたい時に天ぷらはご法度ですが、うどんとダシとのコンビネーションが素晴らしいので、お腹に余裕がある時は鶏天もぜひ。

 

2、山越うどん

f:id:ckakeudon:20170922084827j:plain

香川うどん旅の王道のお店、山越うどんです。雑誌やグルメサイトで高く評価されていて行列がやばいです。そういう観光客に人気なお店はうどん屋に限らず大抵そうでもないイメージですが、山越うどんはちゃんとうまいです。

f:id:ckakeudon:20170922082552j:plain

麺の太さは中。ムチムチとコシが強く、ダシもうまい。これぞ讃岐うどんという味。初めて本場のうどんを食べる人は、ぜひ山越うどんから始めて幸せを味わって欲しいです。

ちなみに釜玉うどん発祥のお店ですが、釜玉を食うやつは香川でうどんを食う資格がないです。なんにも分かっちゃいねえ。香川でうどんを味わうにはどの店でも注文は冷やかけ(冷たいかけうどん)一択です。

 

3、須崎食料品店

f:id:ckakeudon:20170922084904j:plain

須崎食料品店。この店が今まで行ったすべてのうどん屋の中で1番うまかったです。

f:id:ckakeudon:20170922083141j:plain

とにかく麺が最高でした。まず太い。この太さは香川でも滅多に出会えません。なのに固くはなく、歯が麺にスッと入ります。そしてモチモチとコシがありずっと噛んでいられます。最高のうどん。

メジャーな観光雑誌には載っておらず、僕もタクシーの運転手さんから教えてもらいました。食べ終えた後も「あぁ〜、うまかったな」と1時間は感動の余韻が楽しめます。

生きてて良かったと心から思えるうどんです。人生に疲れて死にたい人も死ぬ前にぜひ。生きる希望になるうどんです。

 

4年振り、社会人になって初めての香川うどんの旅でしたが、やはり最高でした。いずれはライターの仕事として、さらにうどん道を極めていきたいです。

たいていの人間はカスなので人の話は聞いちゃダメ

たいていの人間はカスなので人の話は聞いちゃダメ。これが僕の基本の思想です。

引きこもりニートを経て丸くなった最近は逆に「もらったアドバイスには絶対服従」ですが、人の話を聞かない期間を経てこその姿勢です。

最近は別にこんなことをわざわざ言う気もないけれど、でもこれから人生を始めようとしている学生にはしておきたい話です。ってことで書いておきます。

 

たいていの人間はカスなので人の話は聞いちゃダメ

もしあなたが自分の人生を歩もうと決意したのなら、まずは人の話を聞くのをやめましょう。なぜならほとんどの人が自分の人生を歩もうなんて思って生きてないからです。これといった信念なく流されるままにぼーっと生きてる。親も先生もそう。だからなんの参考にもならない。というわけで、そんな大人に何を言われようと「そっすかー」と鼻ほじってればいい。まともに聞くだけ損。人の話なんて聞いちゃダメ。

 

自分の信念をつくっていく

これからは「親(先生)に言われたから」「みんなやってるから」で自分の行動を決めるのではなく、理由を自分で考えて行動していきましょう。もし学校へ行く理由が分からなかったらきちんとサボりましょう。考えたことを行動に移すのです。もちろん後で怒られますが、もちろんシカトです。なぜなら、親も先生も学校へ行く理由を自分の言葉で言えないからです。学校へ行くのが当たり前だと思っているから「学校へ行け!」と言うだけ。常識というのは、誰かが考えたことにみんなが流されていくうちに当たり前になったものです。つまり多くの人の当たり前や常識には理由がない。みんながやってるからやってるだけです。ただの思考停止。

自分で考えて自分の常識、信念をつくっていく。そしてそれを行動に移す。まずはこれを出来るようになりましょう。考えるだけではなく行動までするとあちこちから怒られますが、それが普通です。自分の人生を歩むのならこの先ずっと続きますので慣れてください。みんなは考えてもないし行動もしないので、それをやってしまうあなたにびっくりしてしまうのでしょう。

 

人の話を聞くタイミング

自分で考えて行動していく。自分の想いを言葉で、行動で示していく。

そういう生き方を続けていると、いつしか周りに同じような人しかいなくなります。何も考えずにぼーっと生きている人はあなたの人生から消え去ります。自分の周りを見渡して、バカばっかりだと思っていた大人が、尊敬できる大人ばかりになった時が人の話を聞くタイミングです。自分で考えて行動していく生き方をあなたよりずっと長くしてきた人たちです。きっとあなたのためになるアドバイスをくれることと思います。素直に聞きましょう。

 

まとめ

人の話を聞くには、自分を確立してからってことです。まず他人の言葉に簡単に流されない自分を育てる。ほとんどの人はロクな話をしないので、その人たちの話を素直に聞いていたらロクでもない人生になってしまう。なので人の話を聞いてはいけない。

自分の主張がはっきりしだすと、それに共感してくれる人が集まってくる。生き方について共感できる人であればきっといい話をしてくれる。そういう話は耳を傾ければいい。

僕の10代は(いっそ出家したい)と思うほど周りの人にイライラしてばかりでしたが、今ではすっかり心が平穏です。おかげで丸くなりました。10年間コツコツ自分で考えて行動してきた結果です。

自分の人生を本気で生きようと思った時、大変なのは一番最初。なぜならみんなそうじゃないから。だから人の話は聞いちゃいけない。本気で生きてない人間の話に価値はない。でもいつか必ず本気で生きている人と出会えます。それまではバリバリに尖って、自分を育てていってください。決して人の話は聞かぬよう。それぐらいでちょうどいいです。

 

 

 

関連する尖り記事もどうぞ

karasimentai.hatenadiary.jp

 

10年経った今、やっと胸を張って言えること。

僕はとにかく考えこむ人間です。自分の中で納得出来ないと動けない人間です。高校3年の時、「なんでおれは朝の9時から世界史の授業を受けなければならないのか?」と怒りの疑問が生まれていたのをよく思い出します。

 

こんな風になったのは(世の中って理不尽なんだなー)と知った15歳の時からです。自分もなんとなくでダサい方へ流されてしまわないよう、問題意識を持ち、しっかり考えて生きようと決めました。

 

それでも最初の数年は、(こんなごちゃごちゃ考えないで生きる方が幸せなんじゃないか?)と頭がハッピーで楽しそうな同級生を見るたびに感じていました。こんな自分じゃなかったらいいのにと。

 

あれから10年。今やっと胸を張って言える。それでいいのだと。誰にも分かってもらえないと拗ねてイラついてばかりいた15歳の自分に、もし会いに行けるのなら言ってやりたい。「お前はそれでいい」のだと。

 

確かにあと5年はツラい。高2なんて学校にいるだけで気分が悪くなって1週間に1日はサボらないとやっていけないほどだ。

でも、お前はそれでいい。お前の個性も、信念も、感動も、友達も、仲間も、人生を賭けてやりたいことも、全部そこから生まれたものだ。お前が今感じているように、まさしく、ここからお前の人生が始まるのだ。だから、お前はそれでいい。

 

ーー

 

これを先週、東京へ向かう夜行バスの中で考えていて、暗い車内でグシュグシュ泣いてました。

 

まあとにかく、みんな人に認められたいじゃないですか。褒めて欲しいじゃないですか。それ故にバカなことをするじゃないですか。

自分で自分を認める。信念にも傷付いてコンプレックスにもなっている過去の自分を、「よくやってたよな、あの頃のおれ」と心から言うことが出来れば、あの時に認めてもらえなかった自分を認めてあげることが出来る。色んな過去の体験に対してそれが出来れば、コンプレックスを解消し、純粋な信念だけを抽出することが可能なんじゃないかと。そんなことを最近は思うわけです。

若羽メディアパーティの合宿に参加して来ました!

若羽メディアパーティの合宿に参加して来ました!

f:id:ckakeudon:20170705133848j:plain

若羽(わかばね)は主に映像制作を行なっているフリーランスのチームです。僕はライターとして参画しております。そもそも、僕がフリーターをやめて2度目の起業をしようと思っていた頃に、ライターという職業を提案してくれたのが若羽代表の鶴田さんでした。

 

合宿は東京の奥多摩にあるキャンプ場で行われました。
日中はその場で動画の企画、撮影、編集まで行う、ハッカソンならぬ動画ソン!

f:id:ckakeudon:20170705134640j:plain

晩ごはんを賭けたドロケイで奥多摩を満喫!

f:id:ckakeudon:20170705134719j:plain

 

そして夜は真面目にミーティング。チーム若羽としてやりたいことを出し合い、そのためにそれぞれが出来るアクションを考え共有しました。チーム、組織としてさらに加速させて行きます!

f:id:ckakeudon:20170705133939j:plain

 

―――

若羽に加わって半年が過ぎました。組織のメンバーとして懸命に活動する、というのは僕にとって初めての経験なので日々学びが多くて楽しいです。これまでは組織の代表か、会社にいた頃の使えない新入社員の経験しかなかったので。

組織のメンバーとして活動すると言っても、代表と一般メンバーでは求められる動き方が全然違います。仕事で若羽以外の組織やコミュニティも見ていて最近思うのは、本当のフォロワーシップはリーダーを経験しないと身につかない、ということ。自分でリーダーをやった経験があれば、リーダーがメンバーに求めていることが分かるのでそれを察知して動ける。

「日本人にはリーダーシップ教育が必要だ!」と言うならばセットでフォロワーシップ教育も必要だと思います。組織の一員としていかにリーダーをサポートするか?いかに下から組織を盛り上げるか?ただリーダーに従うではフォロワーですらない。良いリーダーになるのも大変だけど、良いフォロワーになるのも同じくらい大変。
若羽メディアパーティは僕が「メンバーとして貢献したい!」と思える稀有な存在なので、良きフォロワーになるべくやっていきます。

 


若羽、本拠地は東京ですが、関西でもメンバーを募集しております!
動画に興味がある人、カメラマン、ライターなど想いのあるクリエイターはぜひ一緒に仕事しましょう!また動画の依頼もぜひ!

www.wakabane-mp.com

YouTubeで主な制作実績をご覧いただけます。

m.youtube.com

Facebookページです。いいね!よろしくお願いします!!

https://m.facebook.com/wakabane.inc/