読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業家ニートライター

社会不適合者な人でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→起業(ライター)立命館大学で文章力講座を担当。 2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

企業理念とかビジネスモデルとかどうでもいい

来年の1月からまた起業する予定でいます。


前回の時は、社名&企業理念に理想を詰め込んでおりましたが、そんなものはもうね、どうでもいいのです。



自分ひとりが忘れなければいい。現時点で他人に言ってもしょうがないし。自分だけの妄想だからほぼ他人に伝わらないし。



さあそういうことで、新しいテーマは、

顧客第一

・コツコツやる


これで。





このテーマにたどり着いて思うことは、

サービスを与える側と対価を払う側。

この関係が最近めんどくさいことになってる気がする。


テレビとか有料でいい。

番組ごとに月額でお金を払ってそれだけ観れるようにしてほしい。


そしたら製作者は、視聴者のことだけ考えて番組がつくれる。広告主に惑わされることはない。


サービスの受け手からきちんとお金がもらえないようであればサービスの内容自体を見直すべきで、

利益関係者を増やして収益モデルを構築!

みたいなのはなんだかな。





個人的に、今はサービスの受け手だけを見ていたい。


個人に無料でサービス出して、見込み顧客を集めて、それを企業へ流す。


企業と個人の利益が折り合わない場合は、お金を払ってくれている顧客である企業が優先されるので、個人へのサービスが本質からずれる。


ずれたものを提供したくないし、両者をきれいにまとめる上手なことをやろうとするのは今じゃないな、と思う。


今はただひたすらに、自分が価値を提供したい顧客だけを見つめてそこに全力を尽くしたい。まずはそこ。そこがきちんと出来てから次。


最初から枠組みとか考えても上手くいかんな。

目の前の仕事を全力でやった結果、少しずつ広がっていくものでしょう。





そういうことで、新しく始めるサービス、何をやるかはもう決まっているんだけど、ビジネスモデルとかはない。


目の前のこいつを笑わせてこいつから現金もらう。それがビジネスモデル。










知り合いのおじさんが言ってたわ。

「大事なんはお客さんを喜ばせたいっちゅう気持ちや。ウケや!ウケを取るんや!」


僕おもしろがりだからすっげえ分かりやすい。ウケを取るんや!







目の前の顧客に全力で、しっかり仕事をする。それだけ。それが大事。



しっかりやれば何かしらタネが残る。20代、いま25歳なんであと5年。

5年しっかりやり続ければタネいっぱい。どれかしら芽が出るでしょ。