起業家ニートライター

社会不適合者な人でも楽しく働ける企業をつくりたい。【職歴】就職→起業(まちづくり&キャリア支援)→ニート→フリーター→起業(ライター)立命館大学で文章力講座を担当。 2017年より京都在住。 平成3年生まれ。

例え世界を滅ぼすことになったとしても、やりたいことがある。

昨日、東京の友達と京都の仕事仲間を邂逅させました。


僕は最初の導入、紹介だけして、2人が話すのを横で聞いて書記してました。この記事では2人の会話を取り上げながら、その時は言わなかった僕のコメントを挟み込んでいきたい。

 

まずは2人の紹介を。K藤が京都の仕事仲間、N部が東京の友達です。

 

K藤〉寂しい思いをずっと抱えてきた。本気でやりたいことも否定されてきた。じゃあ普通に生きるかって思ったけど大学受験失敗。3浪。高卒で就職か、専門学校か。行きたくねえ。でかいことしたいって野望はあったのと同級生に年収で勝ちたかった。それで起業を選んだ。イベントやったり人事のコンサルしたりした。でも起業家でありたい。自分で事業、組織をつくりたい。そんな中、2016年夏。夏らしくキャンプしてえな。そもそも寂しいし友達が欲しい。社会人も学生も仲良くなれる、本気になれるキャンプを企画しよう。大成功。友達が欲しい。わかり合いたい。そこが埋まった次は?戦いたい!命を燃やし尽くしたい。世の中こうしたらおもしろいんじゃないの?を実現したい。好きな言葉ではないけど、志を持って世界を変えたい。そういう仲間、戦友が欲しい。毎日をめっちゃ楽しく生きていたい。

 

 

N部〉中二から車椅子乗ってる(若年性パーキンソン病)。障害者支援の会社で経理を担当。障害者として一般企業で働く経験をしてる。障害を武器として誇りを持ってアピールしたい。そういう生き方を提案したい。障害者の働き方を変える。健常者の働き方に合わせるのではなくて。障害の重い方がお金を稼げる、価値を提供できる的に変えられないかな。そうなれば障害者は弱者、支援する対象ではなくなる。

 

 


大いに盛り上がりまして、2人とも僕と話す時にはしたことのない話をするのがおもしろかった。特に「いい話だな」と思ったのがこちら。

 

 

N部〉いい結果か悪い結果か、どっちに転ぶか分からないけれど、変えたいことがある。やりたいことがある。例え結果人類を滅ぼしたとしても。

 

おれ〉あるよねー。

 

K藤〉野望だよねー。

 


例え世界を滅ぼすことになったとしても、やってみたいことがある。
僕の中ではけっこう前から常識だったけど、他人の言葉で聞いたのは初めてな気がする。

 

やばいやつだよねー。ただのテロリスト。破壊神。


でも「ここが問題だよな。こうやったら解決するんじゃないかな」って思いついちゃったらやらずにはいられない。誰も望んでいないとしても。本気で問題意識を持って変えたいと思っていることなら、結果人類が滅びる可能性があろうとやらずにはいられない。恐ろしいエゴ。まさに業。そういう業を持った人と仲間になりたい。人生を共にしたい。

 


K藤〉自分がやりたくて世界もそれを望んでいる。そのバランス。それを見つけるのが20代だと思う。

 

僕もそう思う。僕は「社会との接点」と呼んでいる。ニートしてた頃に社会から切り離れてしまった経験から出た言葉だろう。

 

自分が楽しんで出来て、人からお金がもらえること。
それが僕の思う仕事の定義で、その仕事が社会との接点になる。今年の目標は、その接点を見つけて確立すること。


別にお金が欲しいだけだったらなんでもいい。普通に企業に入ればいい。でもそれで楽しいかというと、それで「生きてんな、おれ」って思えるかと言うと、個人的には怪しい。

 

つうわけでやるしかねえんです。やるしかねえんです。最近、社会人として意識が低すぎることに気づかされましたので、挨拶は元気よく自分からする。遅刻をしない。納期を守る。まずはここから出来るように頑張ります。